個展のお知らせ

須能紀文の旅するような絵画展シリーズX
トスカーナの光と風
 
イタリア中部州都フィレンツェと中世薫る町・魅力の大自然

2017年10月24日(火)〜10月29日(
11:00〜19:00
(最終日17:00まで)

表参道「サロン  フルール」にて

詳細はこちらをクリックして下さい。 


 

今回はイタリアのトスカーナ州が舞台です。
フィレンツェはじめ、ダヴィンチの生地ヴィンチ村、シエナ、コルトーナ、モンテプルチャーノなどの古都、
糸杉並木、ひなげし咲く丘陵、静かな湖水風景など世界自然遺産のトスカーナの魅力を35点の油彩画で
表現してみました。ひととき、トスカーナの光と風を感じていただけたら幸いです
。 

     


   
 トスカーナの旅ではフィレンツェ在住の奥村千穂さんのブログ
大変役に立ちました。この場を借りてお礼申し上げます。
 
   




次回個展のお知らせ

須能紀文の旅するような絵画展シリーズX
「イタリア トスカーナ地方」
   イタリア中世が香る町と自然

州都フィレンツェをはじめとする中世都市やダ・ヴインチの
生地、花やワイン畑と糸杉の素朴で美的な田園風景を紹介
させていただきます。


表参道 [サロン
フルール]にて
平成29年10月24日(火)〜10月29日(日)まで開催します。


詳細はこちらをクリックして下さい。
 

   ネット画廊

「須能紀文の旅するような絵画展」は 
旅をしている気分で絵画を愉しんで
いただけるように企画しております。
ヨーロッパの美しい田舎の風景を
中心に一国一エリアを取り上げ、
これからもご紹介していきたいと
思っております。
 


 
ドイツ シュヴァルツヴァルト(黒い森)への旅

今回はドイツ南西部、南北160`に及ぶ「黒い森(シュヴァルツヴァルト)を
取り上げています。「黒い森」は日本でよく知られている”ロマンティック街道”や
”メルヘン街道”などの観光ルートほど知名度は高くありませんが旅のエリアとして
多彩な魅力を秘めています。 例えば、南西部にはドナウの源流や”鳩時計”の
故郷があり、北部には、小説『車輪の下』で知られるノーベル賞作家、ヘルマン・ヘッセの
故郷カルフがあります。あまり知られていませんんが”木組みの家街道”と名付けられた
観光ルートには、伝統的な木組みの家々が建ち並ぶ個性的な町や村が点在しています。
また、黒い森はグリム童話の舞台でもあり、ヨーロッパが森の時代だった頃へと想像力を
膨らませてくれるドラマチックなエリアでもあります。
 シュヴァルツヴァルト(黒い森)で訪れた町や村
 

 左の地図の黄色の番号で記したところが訪れた町や村です。

1 バイヤースブロン
2 シルタッハ
3 ザスバッハバルデン
4 ゲンゲンバッハ
5 グータッハ
6 トリベルク
7 フルトヴァンゲン
8 ドナウ河の源流
9 ドナウエッシンゲン
10 カルフ

旅の始点のシュトゥットガルトは
カルフから40キロ東に位置しています。

 

シュヴァルツヴァルトの旅情報

 ネット画廊で絵画をクリックすると町の情報などが記載されていますが
ここでは知っていると便利な情報をお届けします


ここをクリックしてください 

 
   
 

須能紀文の旅するような絵画展シリーズT
コッツウォルズ展


英国人が憧れる美しい村コッツウォルズを
詳しく紹介したページです

 
プロフィール
 お問い合わせ

油彩画についての
お問い合わせは以下のメールで
お願いします


 

 
須能紀文の旅するような絵画展シリーズU
セーヌ川展

セーヌ川沿いの魅力的な町や村を
詳しく紹介したページです

 
 
 
 
須能紀文の旅するような絵画展シリーズV
フランドル地方展

ブルージュ、ゲントなどベルギー北部の
フランドル地方の美しい町やレイエ川沿いの
風光明媚な村を詳しく紹介したページです

 
 
 
COPYRIGHT (C) 2012 NORIFUMI SUNO ALL RIGHTS RESERVED