ベルギー フランドル地方への旅

2010年の秋、渋谷のザ・ミュージャムで「フランダースの光」展を見て、シント・マルテンス・ラーテムという村を知った。
古都ゲントから遊覧船で2時間くらいのレイエ川沿いにある。エミール・クラウスなどベルギーの印象派の画家達が好んで
住んでいた。クラウスの絵に導かれ、いつか訪れたいと思った。今回の旅ではゲント、シント・マルテンス・ラーテム、屋根
のない博物館と言われているブリュージュ、運河で結ばれた郊外の牧歌的な村ダム、ベルギー第2の都市アントワープ、
その郊外の小さな中世の古都リール、首都ブリュッセル、ブリューゲルのゆかりの地パヨッテンランドを巡った。



フランドル地方で訪れた町や村

 
 
ベルギーはオランダ語の一種フラマン語が公用語の北部フランドル地方とフランス語が公用の南部ワロン地方に二分され、正式文書はフラマン語とフランス語の併記が義務づけられています。ワロン地方の東部、ドイツ国境付近ではドイツ語が公用語です。
今回訪れたフランドル地方(英語読みフランダース地方)は日本では「フランダースの犬」の物語で知られています。ブリュージュは屋根のない博物館と言われおり、中世の面影を今に伝えています。古都ゲントやブルージュの近郊には運河で結ばれたシント・マルテンス・ラーテムやダムのような美しい村があり、シント・マルテンス・ラーテムはベルギーの印象派が好んで住んでいました。ブリュッセル郊外のパヨッテンランドはブリューゲルが多くの風景を描いた地でブリューゲル街道を辿ると訪れることができます。
日本からベルギーへの直行便はないので、隣国の都市で乗り継ぐか鉄道で入ります。
 
 
 フランドル地方への旅のポイント50

ガイドブックでは得られない体験した情報をお届けします

ここをクリックしてください

 
 
ホームに戻る