ヨーロッパ小さな旅の絵本
 テムズ川の源流の地・イギリスで最も美しいカントリーサイド 
コッツウォルズ
 
ヨーロッパの魅力は田舎にあり――出版社の編集者として
長年ヨーロッパの旅の取材をしていた経験からの感想です。
リタイア後はカメラとスケッチブックを持ってヨーロッパの
美しい小さな町や村を巡り、その魅力を油絵で描き、
”旅の絵本”としてまとめてみたいという思いが募りました。
その実現に向けて2009年から計画をスタートさせました。
ペンを絵筆に持ち替えての挑戦ですが、
魅力的なヨーロッパの田舎を主人公に、
一作また一作と描き続けていきたいと思っています。
その最初の主人公に選んだのは
”イギリスで最も美しいカントリーサイド”とイギリス人も
憧れるコッツウォルズ地方です。 
お知らせ
「須能紀文の旅するような絵画展・コッツウォルズ」編は終了しました。全作品38点はネット画廊でご覧いただけます
ネット画廊
「蔓薔薇の家」 
スタントン F4

ライムストーンの蜂蜜色と薔薇の花が調和して美しい家並みが魅力的
  「ハニーカラーのティータイム」
 ボートン・オン・ザ・ウォーター P12 
 白鳥や鴨が遊ぶ小川は市民の憩いの
 場。川沿いのカフェでひと休み
  「長閑な午後の牧場風景」
 ガイティング・パワー F15
 どこまでもなだらかな丘陵地帯が続く
 コッツウォルズの典型的風景 
 プロフィール


「馬上の会話」
 スタントン P10
コッツウォルズでは馬での散策が愉しめます

 イギリスの湖水地方を知る人は多いが、コッツウォルズを知る人は少ない。ましてや、その地にテムズ川の源流があることを知る人は更に少ない。
 イギリス一美しい、イギリス人憧れの田舎と言われるコッツウォルズは、東のオックスフォード、北のストラットフォード・アポン・エーボン、南のバース、西のグロスターに囲まれたエリア。総面積は東京都とほぼ同じで、丘陵が連なる田園の地には個性的な町や村が点在する魅力的なカントリーサイドです。
 コッツウォルズの名が、古い英語のCote(羊小屋)とWold(草木のない丘)に由来すると言われるように、羊がこのエリアの発展に大きな役割を果たしました。中世には、ヨーロッパ最大の羊毛生産地として、また毛織物加工の原料産地として豊かさを謳歌、蜂蜜色のライムストーン造りの立派な住居や教会などの史跡がかっての繁栄を物語っています。
 けれど、産業革命では原動力となった石炭を産出しなかったため開発から取り残されることになります。結果的にはそれが幸いして、現在の美しいコッツウォルズの自然と生活環境が守られたのは歴史の皮肉と言えそうです。



     
  
お問い合わせ

油彩画についての
お問い合わせはメールで
お願いします。
  

 ホーム
 出発前のネット活用法  シーニック・ヴィレッジ紀行  ネット画廊
COPYRIGHT (C) 2012 NORIFUMI SUNO ALL RIGHTS RESERVED