ドイツ シュヴァルツヴァルト(黒い森)への旅

今回はドイツ南西部、南北160㌔に及ぶ「黒い森(シュヴァルツヴァルト)を
取り上げています。「黒い森」は日本でよく知られている”ロマンティック街道”や
”メルヘン街道”などの観光ルートほど知名度は高くありませんが旅のエリアとして
多彩な魅力を秘めています。 例えば、南西部にはドナウの源流や”鳩時計”の
故郷があり、北部には、小説『車輪の下』で知られるノーベル賞作家、ヘルマン・ヘッセの
故郷カルフがあります。あまり知られていませんんが”木組みの家街道”と名付けられた
観光ルートには、伝統的な木組みの家々が建ち並ぶ個性的な町や村が点在しています。
また、黒い森はグリム童話の舞台でもあり、ヨーロッパが森の時代だった頃へと想像力を
膨らませてくれるドラマチックなエリアでもあります。
 シュヴァルツヴァルト(黒い森)で訪れた町や村
 

 左の地図の黄色の番号で記したところが訪れた町や村です。

1 バイヤースブロン
2 シルタッハ
3 ザスバッハバルデン
4 ゲンゲンバッハ
5 グータッハ
6 トリベルク
7 フルトヴァンゲン
8 ドナウ河の源流
9 ドナウエッシンゲン
10 カルフ

旅の始点のシュトゥットガルトは
カルフから40キロ東に位置しています。

 

シュヴァルツヴァルトの旅情報

 ネット画廊で絵画をクリックすると町の情報などが記載されていますが
ここでは知っていると便利な情報をお届けします


ここをクリックしてください 

ホームに戻る