プロフィール  
 
 須能紀文すのう のりふみ  
  
撮影(水木 英)
1941年茨城県生まれ。大学卒業後集英社に入社。以来、出版人生の大半を編集者として女性誌や実用書、書籍の編集、取材、執筆にたずさわる。
編集者時代には、国内はもとより海外取材の機会も多く、個人旅行を含めて訪れた国はヨーロッパを中心に26ヶ国40数回を数える。
油絵は50代半ばに初めて絵筆を取る。
以来、独学で描法を学びながら、10年以上に亘って第二のふるさとと親しむ信州・蓼科の風景を描き続ける。
 
20088月、取締役、監査役を経て42年余の出版人生を終える。同年秋、リタイアを記念した初個展、「詩季彩―蓼科・安曇野+α」を「世界観ギャラリー」(東京・お茶ノ水)で開く。
 翌
2009年、リタイア後の実現を夢見ていた計画――ヨーロッパ各国の個性的な地方や地域をテーマにその魅力をシリーズで表現する――に着手する。
初回は印象派と関わりの深いセーヌ川に焦点を当て、同年6月に源流から河口まで取材旅行、夢の実現に向けて第一歩を踏み出す。
 次いで2010年にはイギリスのコッツウォルズ地方を対象に選び、2週間に亘ってほぼ全域を車で取材。その結果は、2012年に「旅するような絵画展」の第T回展としてギャラリー「サロン・ド・フルール」(東京・表参道)で開催。次いで13年秋、シリーズ第U回展で「セーヌ川」、14年秋、第V回展で「ベルギー北部フランドル地方」、16年秋、シリーズ第W回展で「南ドイツ Kい森」、17年秋、シリーズ第X回展で「イタリアトスカーナ地方」を開催した。

 趣味は俳句(俳号:雪文)の他に、釣り、ゴルフ、オーディオ、カメラ、家具製作などを愉しむ。
企画・編集した主なシリーズと書籍&雑誌の海外取材記事
 
 
  「ノンノ・モア・ブックス」、「実用書」編集部時代に
企画・編集した料理シリーズや書籍の一部。特に
「基本大百科シリーズ」は合わせて、100万部を超え
る話題のベストセラーになる。また、旅のジャンル
では「パリのプチ・ホテル」がパリのプチ・ホテルを
テーマにした初めての本として評判を呼ぶ。
季刊誌「セゾン・ド・ノンノ」、女性誌「モア」の編集
者時代に取材・執筆した海外特派記事の一部と
「パリのプチ・ホテル」のビデオ版のプロデュース。
     
 
     
 
ホームに戻る