セーヌ川沿いの訪れた町や村

  源流の村(スルス・セーヌ)     
  スミール・アン・オ―ソワ
  トロア
  グレ・シュル・ロワン
  モレ・シュル・ロワン
  サン・マメ
  フォンテーヌブロー
  バルビゾン
  パリ
  ジヴェルニ―
  ベルノン
  レ・ザンドリー
  ルーアン
  オンフルール
  ル・アーブル
  エトルタ 

 
セーヌ川源流から河口まで 旅のスポットメモ









セーヌ川の源流はどこか知っていますか
不思議なことにフランス人でもセーヌ川の源流を知っている
人は少ないそうです。
フランスで二番目の776キロの長さを誇り、イギリス海峡
に流れ込むセーヌ川をより知りたいと思い、源流から河口
まで2回に分けて旅をしました。地図で調べると源流
(スルス=セーヌ)は美食の街で知られているディジョン
の北西30キロ、ブルゴーニュ地方のラングル高原にあり
ました。
まずディジョンに飛び、市内に3か所あるインフォメーションで
源流への行き方を尋ねました。
源流に行くにはタクシーしかないようで、ディジョンから往復
200ユーロとか300ユーロかかると言われました。ホテルに
戻り、タクシー会社に聞いてもらうと往復100ユーロで行って
くれると言うことで、旅先では情報収集は大切ですね。
翌朝、迎えのタクシーに乗り出発しました。市内を離れるに
つれ緑が深くなり、30分ほどして源流に到着しました。
標高は446m、深い木立に囲まれ、きれいに整備された公園
のような原っぱにセーヌの源流はありました。
初夏でも空気はひんやりし、木々の葉が朝日を浴びて輝き、
訪れる人もなく森閑としていました。
柵に囲まれた祠の中に水の女神、セクアナが横たわっている
像があり、この下から湧き出る水がセーヌの源流だそうです。
この像はナポレオン3世の命を受け、作られたそうですが、
湧水は古代から神聖な場所として崇められ、ここは紀元前
1世紀頃、ケルト系ガリア人が水の女神セクアナを祀ったこと
が始まりで、セーヌという名はセクアナに由来していると言わ
れています。
湧水には気があると信じられ、湧水に触れ、病気を治癒し
たい人、治癒したい身体の模型を奉納したりする巡礼地
だったようで発掘された奉納品は現在、ディジョンの考古学
博物館に展示されています。


 
セーヌ川の源流はパリ市の管轄です
セーヌの源流は人口50数人の小さな村、スルス=セーヌ村に
ありますが、源流は1864年からパリ市の管轄地です。
近くに住むラマルシュ夫妻がパリ市の委託を受け、50年以上
に渡りこの源流を管理し、ポール・ラマルシュ氏が100歳を
迎えた記念に源流の敷地内にあるセーヌ川一番目の橋に
彼の名が冠されました。(2002年)訪れた時、源流の敷地内
には水が流れていませんでした。僅かに草丈が高い所が早春
の雪解け水が流れた数十センチ幅の小川の跡と思われます。
この一またぎ出来るほどの小さな石の橋、ポール・ラマルッシュ
橋から河口のノルマンディー橋までセーヌ川には257本の橋が
架かっており、パリ市内だけでも個性あふれる37本の橋が架
かっています。セーヌ川の源流は今もポールさんの奥さんの
ルーズ・ラマルッシュさんが管理されています。(2012年現在)
セーヌの源流は聖地として定期的に清掃が行われていますが、
特に観光地ではないようです。訪れる人も少なく、帰りがけに
中高年のウォーキングのグループの人達に出会いました。
ディジョンからバスの便もなく不便ですが、ディジョンに行く際は
少し足を延ばし、セーヌ川の源流に行くことをお勧めします。
セーヌ川の源流を訪れてセーヌ川により魅せられました。
源流のあたりは神聖な空気が漂い、パワースポットのような
気もしました。


 
 トロア
パリから特急で1時間半、中世の木組みの家並みが美し
いこの町はシャンパーニュ地方の古都だけあって路地裏、
にも歴史を感じます。旧市街はシャンパンの栓の形を
しており、その旧市街をなぞるように小川から少し成長
したセーヌの清流が静かに流れています。
ローマ時代から北ヨーロッパとイタリアを結ぶ街道の中
継地として栄え、11世紀には年6回、市が開かれ、ヨー
ロッパ中から商人や職人が集まり、ゴシック様式の聖堂
が次々建てられました。トロア最古のサント・マドレー
ヌ教会、ステンドグラスが素晴らしいサン・ピエール・
エ・サン・ポール大聖堂から当時の繁栄を感じることが
できます。
傾いた家、カラフルな街並みは絵本の中にいるようです。
日曜日は殆どのレストランがお休みなので名物、豚の
内蔵で作る太いソーセージ、アンドゥイエットを食べる
のにも一苦労。週末はパリからの列車も込み合うので
指定席を取ることをお勧めします。
郊外のアウトレットはフランス人に人気のようです。
 

 トロアでお勧めの老舗ホテル「ル・シャン・デ・ゾワゾー」
トロアはシャンパーニュ地方の古都だけあって、中世の
建物や街並みが保存され、中世にタイムスリップした気
分に浸れます。パリから急行で1時間半、週末は列車も
混雑するので、ゆっくり観光するには老舗の4つ星ホテル
ル・シャン・デ・ゾワゾーに宿泊することをお勧めしま
す。15〜16世紀の建物を改築したプチホテルで天井の梁
を生かしたお部屋は歴史を感じます。オワゾーはフラン
ス語で鳥という意味だけあって、館内のインテリア小物
は全て鳥で統一されています。ロビーやダイニング、
中庭はこじんまりしていますがおしゃれな雰囲気で、
朝食は絶品です。ダイニングでの朝食からトロアでの
リッチな一日が始まる事でしょう。
旧市街はシャンパンの栓の形をしており、セーヌ川の
清流が旧市街をなぞるように流れています。旧市街は
歩いて回れる広さですが、このホテルは中心に位置して
いるので散策に便利です。このホテルに泊まる為に
トロアを訪れる人もいるとあるガイドブックに書いて
ありましたが納得です。


 
画家モネが愛したジヴェルニー
パリ、サンラザール駅から北西に急行で45分。ベルノン
駅で下車し、セーヌ川沿いにバスかタクシーで20分程
行くと自然豊かな長閑なジヴェルニー村に着きます。
モネは最初の妻を亡くし、新しい創作拠点を探していた
時、この地を気に入り42歳から亡くなる86歳まで住み
続けました。色とりどりの花を育てて庭作りに励み、
セーヌ川の支流から水を引いて池まで作りました。有名
な「睡蓮」シリーズの作品はこの池から生まれたもので
200枚以上描いています。日本の美にも関心があり、池
には太鼓橋が架かっており、浮世絵も数多く収集してい
ます。モネが亡くなった後、庭は荒れ果ててしまいまし
たが、今ではきれいに整備され、世界中のモネファンが
彼が住んだ家と作品に描いた庭を見に訪れています。
印象派という言葉を生み出した「印象・日の出」を初め、
光を追及した印象派の巨匠モネのお墓は教会の一角にあ
り、美しく花が配され彼の絵を思い起こさせます。


 
ジヴェルニーのお勧めB&B「Le Clos Fleuri」
ジヴェルニーにはパリからの日帰り旅行が一般的ですが
宿泊し、村をゆっくり巡ることをお勧めします。
人気のB&B「Le Clos Fleuri」は村の中心にあります
がとても静かでオーナー夫妻も親切です。手入れが行き
届いた芝生の周りに夫妻の母屋、宿泊者用のコテッジ2
棟があり、なんとこの二棟のコテッジはオーナー夫妻二
人で数年かけ作ったそうです。優しさが伝わる部屋から
美しい庭を眺めながらの滞在はとても癒されます。
朝食は母屋で他の宿泊客と一緒にとります。
朝食前の散策は朝霧に包まれた静かな、昼間の喧噪とは
違ったジヴェルニーを体験できます。メインのモネ通り
だけでなく、山側の道やセーヌ川支流の小川に沿った道
を歩くとモネが愛した村の豊かな自然に触れることがで
きます。モネの庭は開園前から世界中の観光客で長い列
ができます。B&Bで前売り券を用意していただくと開園
と同時に団体用の脇の入口から入園できるので待たずに
すみます。


 
セーヌが一番美しく見える町レザンドリ
パリを流れるセーヌ川はノルマンディ地方を蛇行しなが
ら英仏海峡に向かいます。セーヌ川の眺めが一番美しい
と言われているレザンドリへはパリからルーアン行の列
車に乗って1時間、ガイヨン駅で下車しグランタンドリ
行きのバスに乗り15分、プチタンドリで下車します。
レザンドリという町はなく、セーヌ川沿いの町プチタン
ドリと隣の町グランタンドリを総称してレザンドリと呼
ばれています。セーヌ川が一番美しく眺められるのは、
ガイヤール城の廃墟がある高台がベストです。
この城は1196年イングランド王でノルマンディ公の
リチャード1世によりフランス王のノルマンディ攻略に
備え1年で築城されました。彼の死後、フランス王フィ
リップ2世に攻められ7年で落城、今は朽ち果てた城跡
に当時の繁栄を垣間見ることができます。
蛇行しながらゆったり流れるセーヌ川、右岸は美しい石
灰岩の白い岩肌の丘陵が続き、中州には緑豊かな島があ
り、光に輝く草原など壮大な絵巻物を見ているようです。
王は良い場所に築城するものだと改めて思いました。


 
 レザンドリのプチホテル「La Chaine d'Or」
セーヌの眺めが一番美しいと言われているレザンドリ。
レザンドリはプチタンドリとグランタンドリの2つの町
からなっています。セーヌ川を眺めるのに絶好の場所は
丘の上にあるので、ホテルに荷物を置き、身軽に行きま
しょう。宿泊するなら、バス停の近くのセーヌ川沿いの
プチホテル「La Chaine d'Or」がお勧めです。瀟洒なホ
テルで川沿いの散策にも最適です。併設のレストランは
グルメの間で評判のようで近郊からも車で訪れます。但
し、メニューは仏語で表記されています。このホテルは
チェックイン時間帯以外はフロントが閉っており、レス
トランには休業日もあるので要注意。プチタンドリは古
い教会を中心とした小さな町で、写真はホテルの裏側の
セーヌ川沿いの散歩道です。白鳥が羽を休め、セーヌ川
クルーズの寄港地なので遊覧船から観光客が降りてくる
など優雅な時間が流れています。小さな町ですがバス停
近くに観光案内所があります。
グランタンドリへは約2km、バス通りではなく緑豊かな
小川沿いのプロムナード・デ・プレをお勧めします

 
オンフルールのサント・カトリーヌ教会
セーヌ川河口の港町オンフルール。16〜17世紀には貿易
の拠点として賑わっていたようですが、対岸のル・アー
ブルの港が整備されると共に貿易港としての役目はル・
アーブルに移りました。印象派の画家達に数多く描かれ
た旧ドッグ周辺のカラフルな美しい家並み、夏には英国
からのヨットも停泊し、現在はおしゃれな港町として世
界中の観光客で賑わっています。旧ドッグ近くのフラン
ス最古の木造教会、サント・カトリーヌ教会が有名です
が、そこから徒歩20分、高台にある小さな教会、ノー
トルダム・ド・グラース礼拝堂も見逃せません。木立の
中にひっそりと建っている質素な教会ですが、中に入る
と絵馬のような「絵船」が沢山奉納されていて、当時の
船乗りの家族の願いが伝わってきて心うたれます。
坂の途中にビューポイントがいくつかあり、オンフルー
ルの町やル・アーブル港が一望でき、遠くには当時の技
術の粋を集めた優雅なノルマンディ橋も見ることができ
ます。

 
オンフルールのお勧めB&B「Le Moulin St.Nicol」
オンフルールに行くにはル・アーブル経由をお勧めしま
す。パリから急行でル・アーブルまで2時間、駅前から
バスに乗りノルマンディー橋を渡るとセーヌ河口の広さ
が実感できるからです。ノルマンディー橋はセーヌに架
かる最後の橋で源流から数えて257本目、長さは約2Km、
車で15分くらいです。1995年の開通前は隣の橋を渡らな
ければならず、対岸まで45分もかかったそうです。
古い港町のオンフルールは作曲家サティーや画家ブーダ
ンの故郷です。古い木造の家が並ぶ石畳の細い道沿いに
サティーの家(博物館)があり、近くにはブーダン美術
館もあります。
宿は旧ドッグから徒歩15分のB&B「Le Moulin St.Nicol」
をお勧めします。手入れの行き届いた広い庭、ノルマン
ディー風のあしらいの家、オーナー夫妻の温かなもてな
しが居心地の良さを感じさせます。ピロケース、ベッド
カバーも手作りで絵も描かれる奥さんのセンスが光ます。、
ティータイムのケーキも絶品でした。朝食は他の宿泊客
と歓談しながらテラスで一緒にとりました。
 
ホームに戻る