トスカーナ地方の旅情報   
       
  トスカーナ地方への旅のメモ 

   
  日本からの直行便はない
フィレンツェへは、ヨーロッパのいずれかの空港で乗り換えてアメリゴ ヴェスプッチ空港(通称ペレトラ空港)へ。
今回はJALを利用した。パリのシャルル・ドゴール空港で乗り換えてフィレンツェへ。
空港からはタクシーを利用してドゥオーモ近くの宿泊先へ向かう。ドライバーに宿泊先の住所を見せるとすぐ分かり、
20分程で到着する。
料金は市内なら一律20ユーロ、休日、深夜は割増料金になる。それに荷物料金が1個に付き1ユーロ。
空港から市内へのバス便もある。(2015年現在)
 
   
   トスカーナ地方での交通事情
フィレンツェ近郊の町へは電車やバスを利用出来るが、オルチャ渓谷はエリアが広い上に
移動手段が限られているのでガイドさんを見つけ、効率よく案内してもらうのが得策と判断する。
ネットで調べた結果、モンテプルチャーノ在住の日本人井上ともこさんを見つけることが出来た。
彼女は現地の男性と結婚し、日本人にトスカーナの美しさを知って貰いたいととガイド業をされていた。
メールしたところすぐに返信があり、拠点としたモンテプルチャーノの宿泊先の手配、オルチャ渓谷を巡る
ドライブコースの提案、またコルトーナやシエナへの移動もしてくれることに。

   
  宿泊先選び
   
  フィレンツェ
【B&Bカステリオーネ】

フィレンツェの宿は、フィレンツェ在住の著明なブロガー奥村千穂さんにメールし、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅にも
ドーモにも近いGiglio通り沿いのB&Bカステリオーネを紹介していただいた。部屋は、カーテン、壁紙、家具などに
歴史を感じさせる重厚な雰囲気があり、ルネッサンス発祥の町に相応しい印象深いB&Bだった。朝食は手作りの
ヨーグルトなども用意され、評判通りの味だった。なにより立地が良く、市内散策にも駅から近郊への移動にも
便利なのでお勧めのB&Bです。渡された鍵は3つ、門扉、建物の入り口、部屋用とセキュリティは厳重で超安全。
https://www.lacasamia.jp/?p=663 

   
   
           
   
       
  モンテプルチャーノ
【Agriturismo Pacifico】


旧市街へは徒歩10分と便利なPacificoは、ガイドの井上ともこさんご紹介のアグリツーリズモ。現在は
booking.comからも予約出来る。Agriturismoとは農家が経営するB&Bで、農業体験が売りだが、
こちらでは農業体験はない。農業体験を積極的に取り入れているB&Bがイタリアには数多くある。
宿泊する部屋は母屋とは別個の建物で、前庭からキアーナ渓谷が一望出来る。朝食のメニューは充実しており、
毎日違った手作りのケーキに宿泊者への心遣いが感じられる。女主人のルチアさんはお料理上手。
夕食は母屋のダイニングルームでイタリアの家庭料理を愉しむ。大家族ですが、夕食はルチアさん、高校生の
息子さんとテーブルを囲んで身振り手振りの会話?座を盛り上げていただいたことが良い思い出になった。 
http://www.agriturismopacifico.com/index.htm

   
 
               
   
       
  コルトーナ
【Dolce Maria】


ネットのトリップアドバイザーで人気の高いB&B。旧市街の中心にあり、歴史を感じる建物で調度品に趣きがある。
朝食は充実しており、レストランが併設されていることもあって料理への自信を感じさせられる。
女主人はトリップアドバイザーで評価されるのが自慢の様子。旧市街は道が狭い上に坂が多いので
駐車スペースを探すのにちょっと苦労。さすがに地元出身のドライバーは慣れたもの、すぐにB&Bを探してくれた。 


   
 
                   
 
   
       
  シエナ
Antica Residenza Cicogna

トリップアドバイザーで人気上位のB&B。メールで予約したが、クレジットカード番号を知らせる際に、
メールのセキュリティが確立していないので番号の前半と後半を違うメールの宛先に送信して欲しい
と求められる。それがとても良心的に思えたが、フロントのスタッフも親切で感じが良かった。
旧市街の散策にも便利な立地、フィレンツェへのバス乗り場にも近いのでお勧めのB&B。 


   
 
               
 
   
       
  お勧めの観光場所
ネットには有名な観光場所やレストランなどが紹介されているので、ここでは行って良かった穴場をご紹介。

フィレンツェ
ルネッサンス発祥の地だけあって町中にルネッサンス時代に建てられた建物が多く、中世の野外博物館という感じだ。
サンタマリア大聖堂やウフィッツィ美術館などは世界中からの観光客でいつも長蛇の列。だが、ウフィツィ美術館は
夕方に行ったらすぐに入館出来た。混む日中は避けて、団体客の波が引く夕方が狙い目の時間となる。

サン・ミニアート・アル・モンテ教会、ローズガーデン、バルディニ庭園、サンマルコ修道院
サン・ミニアート・アル・モンテ教会はミケランジェロ広場より高台にあり、フィレンツェを一望できる静かで落ち着いた
ところです。建物の外観は白と緑の大理石の模様が美しい。売店は純白のジャスミンの花で覆われ、甘い香りに
包まれていた。市内に戻るにはガリレオ通りを下り、ミケランジェロ広場手前のスカレーア デル モンテ アッレクロチと
いう小道を通ると、急勾配だが旧市街に通じるサンミニアート門にすぐ出る。

ローズガーデンは小さな庭園だが色々な種類のバラが植えられていてバラのシーズンは最高だ。
近くのバルディ二庭園は昔、貴族の邸宅だった所を庭園として公開しており、邸宅は美術館になっている。
敷地は斜面なので庭は高低差を利用して変化に富んだ作りになっており、庭を散策するだけでも優雅な
気分に浸ることが出来る。高台にあるので旧市街を見下ろすことができ、静かな時間を過ごしたい人にお勧め。

サンマルコ修道院は美術館になっており、2階の踊り場にあるフラ・アンジェリコの「受胎告知」は、階段を上る際、
間近に見ることがで出来る。修道士たちが暮らした部屋も見学出来る。修道院長だったサヴォナローラの部屋も
ある。彼はメディチ家がフィレンツェを追放された後、一時期、町を支配していた。堕落を嫌い、贅沢品を
燃やすなど過激な思想の持ち主で教皇と対立した後、シニョーリア広場で火あぶりの刑に処せられた。
当時の修道士達の生活を垣間見ることが出来る興味深い修道院だ。

               
 
フィレンツェ中央市場(メルカート・チェントラーレ)
1階は肉、魚、野菜、果物、チーズ、お菓子などの店が所狭しと並んでいて、見て回るだけでも楽しい。
スパイス、ドライトマト、ポルチーニ茸の乾燥品は本格的なイタリアンを自宅で作る際に重宝した。お土産にも
お勧め。日本人の店員さんがいるお店もあるので相談しながら購入できるのは有難い。
2階は色々な飲食店が出店しており、好きな料理を購入し、目の前のテーブルで食べるスタイル。
価格もリーズナブルで庶民の味が気軽に楽しめるのがいい。
中央市場付近の通りは革製品の露店が軒を連ねており、気に入ったバッグやスカーフがあればお得。

               

ヴィンチ&アンキアーノ村
レオナルド・ダ・ヴィンチのその名は、”ヴィンチ村のレオナルド”の意と知る人は意外に少ない。彼の生地ヴィンチ村は
フィレンツェから西に40キロの所にあり、フィレンツェからは電車でエンポリまで行き、そこから1日数本出ている
バスで行くことが出来る。サンタ・マリア・ノヴェッラ駅で電車を待ったが、線路のトラブルで電車は相次いで運休となり
一向に動く気配がない。已む無くB&Bに戻りタクシーで呼んで貰った。彼の生家があるアンキアーノは
ヴィンチ村から2キロ程離れたアルバーノ山の西の斜面にある。ヴィンチ村を通過してアンキアーノの生家まで直接
行って貰った。料金は100ユーロ。生家までは特に渋滞に合わず1時間だった。
生家を見学した後、ヴィンチ村まで戻ろうと車道を歩いているとオリーブの林の中からウォーキング中の夫妻が
現れた。訊ねてみると、夫妻が辿って来た背後の細い道は「緑の道」と呼ばれ、ヴィンチ村に通じていることが分かった。
その散歩道には番号が付いていて、車道に面した入り口に14という表示があった。30分程で着く距離だが、野の花や
オリーブの古木に感動しながら1時間ほどかけて下った。
ヴィンチ村にはレオナルド・ダ・ヴィンチの発明品を展示した博物館もあり、彼の才能の素晴らしさを体感できる。
帰路はヴィンチ村からバスでエンポリに戻り、電車でフィレンツェに帰った。

             

ルッカ
昔、絹織物で栄えた町。フィレンツェからは電車かバスを利用する。バスだと、1時間半程で行くことが出来る。
旧市街は周囲を城壁で囲まれた城塞都市で、約4キロ続く城壁の上は緑の多い遊歩道になっている。
散歩やサイクリングを楽しめる。城壁の起源は紀元前2世紀まで遡るが、16世紀〜17世紀に修復され、
現在の姿になったようだ。ローマ時代の円形闘技場の跡のアンフィテアトロ広場、サン・ミケーレ・イン・フォロ教会、
ロマネスク様式のルッカ大聖堂、14世紀に建てられたグイニージの塔など中世の建物も多い。グイニージの塔の
展望台からはルッカの街並みが一望出来る。44.25メートルの高さのグイニージの塔の屋上には、トキワガシが
植えられていて、遠くからも見える特徴的な風景になっている。
旧市街は路地が入り組んでいて迷子になりそう。ルッカは音楽家プッチーニの生誕地でもあり、
細い路地裏の生家は博物館になっている。

                   

ピサ
「ピサの斜塔」で世界的に有名な観光地。フィレンツェからは電車の便があるが、ルッカの南20キロに
あるのでルッカからバスで30分程で行くことが出来る。フィレンツェからルッカへ行く時に利用したバスで
イタリア在住の日本人と知り合い、ルッカで降りた際、バス会社の窓口でピサ行きのバス券の購入を
教えていただいた。電車で行く場合はピサ中央駅で下車し、バスかタクシーで斜塔のある広場に向かうことになる。
ルッカからだとピサ中央駅の手前で下車しなければならず注意が必要だが、多くの乗客が降りるので分かりやすい。
バス停近くから露天商が軒を連ねる道筋を辿って世界遺産ピサドォーモ広場の入口へ。多くの観光客で
賑わう界隈は、スリには充分な警戒を! ピサの斜塔はピサ大聖堂の鐘楼なので、その一角には立派な大聖堂や
洗礼堂などがある。
鐘楼が傾いたことから世界的に有名になったのは皮肉ですね。ピサだけでなくルッカとセットでの日帰り観光がお勧め。

 

モンテプルチャーノ
ワイン好きの人に有名なこの町はフィレンツェからですと鉄道で約1時間半、シエナかキュージ駅で下車し、
バスで向かうことになる。その間のモンテプルチャーノ駅からはバスの便はない。何れにしてもバス便の
本数は少ないのでタクシーが便利に思えるが、タクシーも駅前で待っているわけではない。井上ともこさんの
ご主人のマッシモさんが迎えに来てくれることになり、宿泊先まで送ってくれた。
この町は「ルネッサンスの真珠」と呼ばれ、中世の建物が数多く残っている。
旧市街入口のプラ-ト門からグランデ広場までの約1.5km石畳の道は高低差50~60mの坂道になっており、
中世の歴史的な建造物やワイン蔵がある。中央に塔がある市庁舎は、フィレンツエのヴェッキオ宮殿と
ほぼ同じ形をしており、フィレンツェからの信頼の高さが伺える。
ヨーロッパの鉄道は下車する際、自分でボタンを押し、扉が開くのを待つ。焦らずゆっくりとボタンを押し
開閉を待つのがコツ。待ち合わせのカムチア駅で下車する際、扉が開かず少々焦ったことも思い出の一つ。

               

ピエンツァ
糸杉並木で有名なオルチャ渓谷の丘陵地帯にあり、1996年世界遺産に登録された。ピエンツァは
城壁に囲まれ、小高い丘の上にあり、端から端まで歩いても10分程度の小さな町。世界中からの観光客で
賑わっている。シエナのピッコロミニ家は、神聖ローマ帝国皇帝からオルチャ渓谷一帯を譲り受けたとか。
15世紀中頃、この町の出身者ピウス二世がローマ教皇になると故郷の町の名をコルシニャーノから
ピエンツァに変え、当時有名な建築家ベルナルド・ロッセッリーノに三年で「理想郷」を作るように命じた。
ピウス二世広場はピッコロミニ宮殿や大聖堂、市庁舎、教会に囲まれており、都市設計思想や透視図法を
最初に取り入れた町として注目されている。町を囲むように作られた城壁越しに世界遺産オルチャ渓谷を
一望出来、アミアータ山もよく見える。コンパクトですが魅力的な町なので数多くの映画のロケ地にも
なっている。町を歩くと地元の特産の羊の乳から作ったペコリーノチーズの強烈な匂いが何処からともなく
漂ってきた。世界一美味しいと評判のジェラード屋(Buon Gusto Gelateria)でドライバーのマッシモさんに
美味しいジェラードをご馳走になる。

         

モンタルチーノ
ピエンツァから西16キロにある丘の上にある小さな町ですが、トスカーナ一帯は古代からエトルリア人が
高度な文明を築いており、歴史に想いを馳せながら石畳の坂道を歩いた。現在は世界的に有名な
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノという赤ワインの生産地として知られている。長いことシエナの支配下にあり、
16世紀シエナがフィレンツェに征服されるとフィレンツェの支配下に入る。

           

コルトーナ
フィレンツェから鉄道で1時間半、カムチアで下車し、コルトーナの旧市街に行くにはバスかタクシーを利用する。
所要時間は10分程ですが、駅前でタクシーが止まっているわけではなく、近くのお店で呼んでもらうのが良いで
しょう。旧市街は小高い丘にあり、イタリアで一番大きいトラジメーノ湖が遠くに光って見える。
中世にタイムトリップしたような街並みは映画のロケ地としても人気があり、「トスカーナの休日」や
「ライフ・イズ・ビューティフル」などに登場している。
B&Bに行く前に「Eremo Le Celle」という神秘的な修道院に連れて行ってくれた。旧市街から細い道を
約4キロ程行った所にあり、背後の岩に張り付くように 重なりあって建物が建っており、小さな小窓が沢山
あるが人影はなく静まり返っていた。入り口で修道士が作ったブレスレットやペンダントを売っており、
購入したいけど人がいないので困っていると木の箱にお金を入れるよう地元の来院者が教えてくれた。

               

バーニョ・ヴィニョーニ
下を噛みそうな名前のこの町はサン・クイリコ・ドルチャから南6キロにあり、温泉の町として有名。
バーニョとはイタリア語で浴室、トイレという意味だそうで、アミアータ火山からの源泉が流れている。
紀元前、エトルリア人に発見され、中世には多くの兵士が傷を治すために遠方から訪れ、ルネッサンス時代には
フィレンツェからメディチ家の人も療養に来たそうだ。ローマへの巡礼者が立ち寄った記録もある。
石造りのプールのように大きな浴槽は歴史を感じる立派な建物に囲まれており、当時の賑わいを偲ぶことが
出来る。今でも温泉水は湧き続けているが、入浴は出来ない。近くのホテルを利用することになる。
この一帯は地表の溝に源泉が流れており、手や足をつけるだけで旅の良い思い出になる。

         

シエナ
シエナはフィレンツェの南60キロに位置し、フィレンツェから鉄道もあるがアクセスが悪いのでバスが
お勧め。ローマとフランスを結ぶフランチジェナ街道沿いにあるので古くから繁栄していた。
13世紀になると西ヨーロッパ一の金融の町になり、トスカーナの覇権をフィレンツェと競う強大な都市国家に。
この頃シエナ大学も開校され、15世紀には世界で一番古い銀行も誕生している。14世紀には
ペストの流行で打撃を受け、領域内外で争いが絶えず、16世紀にはフィレンツェの支配下に入る。
旧市街の中心のカンポ広場は三つの丘の谷間に作られた扇状の広場で、夏には中世から続くパリオと
呼ばれる競馬が開催され人気を集めている。広場の一角にあるマンジャの塔からは町が一望出来る。
黒と白の大理石で作られた荘厳な大聖堂など、歴史的建造物が多く、丘の上に作られ城壁に囲まれ町
中世の町並みがそのまま残っているので「シエナ歴史地区」として世界遺産に登録されている。

               

オルチャ渓谷ドライブ
オルチャ渓谷はシエナの南東に広がる地域で、日本の渓谷とは違いオルチャ川の流域に広がる小高い
丘陵地帯。この地帯はクレーテ・セネージという粘土質の土地で耕作には適さず、長い年月をかけて
改良を続け、今の姿になったとか。糸杉並木で有名だが、春は青々とした麦畑が広がり、ぶどう畑に
オリーブ畑、ひなげしの花畑、牧草地には羊や牛が放牧され、季節により違った風景が楽しめる。小高い
丘の上には城壁に囲まれた小さな町が点在している。オルチャ渓谷一帯は世界遺産だが、古代ローマ時代からの
街道筋にあるので町も繁栄し、ピエンツァやシエナは歴史的な建造物も多く、世界遺産に指定されている。
効率的に巡るには個人でドライバーをお願いするかレンタカーが便利。
マッシモさんが9時にモンテプルチャーノの宿に迎えに来てくれて、村を巡りながらモンタルチーノで
昼食をとりながら、オルチャ渓谷の一帯を8時間かけてドライブした。サン・クイリコ・ドルチャ近くの絵本に
出てくるような教会、狼の森、深紅のひなげしの花畑、糸杉が続くB&B、映画「グラディエーター」の撮影場所、
バーニョ・ヴィニョーニでは地表を流れる温泉に手をつけたり、マッシモさんの案内でオルチャ渓谷を
満喫した。この地域は自然のハーブも多く、道端に白いケッパーの花、タイム、セージ、カモミールなどが
あり印象深い見聞をした。6月は麦が刈り取られ、地表が茶色の所が多いのがちょっと残念だった。
ネット画廊の絵画の説明文をご覧いただくとオルチャ渓谷の様子がよく分かると思います。
翌日はモンテプルチャーノの郊外にあるモンテプルチャーノ湖とキュージ湖に出掛けた。
モンテプルチャーノ湖は葦が生い繁げり、朽ちたボートが浮かぶ素朴な湖。近くのキュージ湖は
モンテプルチャーノ湖より大きく、対岸にウンブリア州の乾いた大地が見えた。恋人たちの語らう道と
呼ばれている遊歩道もあり、ボートで釣りをする人もいたりと、公園的な整備がされている。
途中、世界的に有名なモンテプルチャーノ産の高級ワインを生み出すぶどう畑地域の道を通った。
ところどころに糸杉があり、糸杉には雌雄があることを教えてくれた。雌の木は丸みを帯びた樹形。
モンテプルチャーノからコルトーナのB&Bへ移動する際やコルトーナからシエナのB&Bに移動する際も
マッシモさんが迎えに来てくれた。クレートセネージの地層が分かる場所を通ってくれたり、
ドイツ人やイギリス人の別荘が多い美しい村、CastelmuzioやMontisiに立ち寄ってくれた。
今回のオルチャ渓谷の主なプランは、井上ともこさんが提案してくれた。メールでやり取りする中、
年明けから体調を崩され、通訳は友人に代わることになった。私達がカムチア駅で初めてマッシモさんに
お会いした際、ともこさんが一週間前に亡くなったことを知り、心が痛んだ。最後まで私達の事を気に
かけてくださったと知った。大好きなトスカーナの地に眠るともこさんのご冥福をお祈りした。合掌。
現地で私達の希望の場所も加えていただくなど、マッシモさんのきめ細かい対応に満足した旅だった。

                   

南トスカーナ個人案内(ともこさん&マッシモさんのホームページ)
http://www.tabitoscana.com

奥村千穂さんのブログ
フィレンツェに在住され、主にフィレンツェのB&Bやアパートの紹介をされています。現地の宿泊先の方との仲介は勿論、旅先でも対応してくださるので安心です。
http://lacasamia2.exblog.jp
   
   
ホームに戻る